私のダイエット体験

| ダイエット |

小さいころからいつも若干ぽっちゃり体型だった私は、つねに頭のどこかで「ダイエットしなきゃなぁ」という思いがありました。
ただ、あまり切迫感がなかったので、本格的にダイエットをすることもなく、過ごしてきていました。

そんな私が、あることをきっかけに本格的にダイエットをしようと思うようになったのです。
そのきっかけというのは、友人と行くことになったグアム旅行です。
グアムと言えば、その魅力は海でしょう。
当時の私にとっても、グアム旅行に行けば否応なしに水着になって海水浴をする、というのは容易に想像できました。
普段は多少洋服でごまかせていた体型ですが、「これはヤバイ!」と思いました。
猶予はおよそ4カ月。
私はこれをいい機会として必死でダイエットに励むことにしました。

とはいえ、私は運動が苦手です。
そんな私ができることと言えば食事制限くらい。
まずは、間食をなくし、食事自体のカロリーも抑え気味にしました。
すると体重がどんどん減っていったのです。
体重が目に見えて減るのがうれしくて、私はさらに苦手だった運動も行うようにしました。
げっそりしてしまうのは嫌だったので、栄養にはきちんと気を配りました。

こうして私はダイエットに成功することができました。
グアム旅行はとっても楽しかったです。

私の場合、ダイエットをするときに大切なのは、モチベーションだったようです。
この時までに必ず痩せる!と決めることで、自分を追い込んでダイエットすることができたのだと思います。

約10年前になりますが、2ヶ月で10キロのダイエットを行った経験があります。
ダイエット開始前にルールを決めました。

①夕食時に炭水化物を取らない(アルコールは飲んで良し)
②職場まで徒歩で通勤する(片道2.5km)
③こまめに体重計に乗る
④寝る前の体重をグラフに記入する

以上のルール①~④を目標の10キロのダイエットが成功するまで、2ヶ月間やり遂げました。
それぞれのルールについてダイエット中に感じたことを書きたいと思います。

①について
夕食時に炭水化物を取らないことは、かなりの体重減に繋がったと思います。どんどんおなか周りの脂肪が減っていくのが自分でもわかりました。夕食に抜いた炭水化物については朝食や昼食で取るようにしましたので、1日の摂取炭水化物量としてはダイエット中も変わりませんでした。私はラーメンが大好きですが、ダイエット中ラーメンを食べたい時は夜は食べないで朝食べるようにしていました。

②について
家から職場まで徒歩で通える距離でしたので、ダイエット中は歩いての通勤としました。ダイエット中は食事の制限だけでなく、運動も取り入れたほうが良いと思い歩くこととしましたが、やはり有酸素運動も体重減にかなり有効的だと感じました。ランニングの方法も検討しましたが、ランニングは怪我のリスクがあるため、徒歩にしました。片道20~25分くらいの運動になりました。もし職場まで遠い方は1駅分電車に乗らずに歩くと良いのでないかと思います。

③、④については「その2」で。

私は高校のときから部活でテニスをはじめ、その後も大学・社会人とテニスを続けていたので、20代後半まではダイエットとは無縁でした。

ところが、30代も近くなった頃に足を怪我してしまい、テニスどころか外でアクティブに動くこともできなくなってしまいました。テニス以外には特に趣味もなかった私は家にいることが多くなり、家の中にいても足が痛いのでなるべく動かないようにしていました。

すると、みるみる体重が増え、私の身長でのおおよその理想体重プラス10キロを軽く超えてしまいました。さすがにこれは見た目にも健康にも悪いと思ったのですが、同じ生活をしているだけでは体重の増加は止まりませんでした。

そこで、渋々食事の量を減らすダイエットをはじめたところ、体重の増加は落ち着きました。その後、怪我が治って以前のような生活に戻ると体重は減少に転じましたが、生活の仕方は体重に直結するのだと思い知らされました。

半年ほど前から本格的なダイエットに取り組んでいます。
スポーツクラブで入会キャンペーンをやっていたので、思い切って申し込みしました。
専用トレーニング機器があったり、ヨガがあったりとプログラムがたくさんありますが、個人的にはプールを一番利用しています。
プールではゆっくり身体を動かすだけでも良い運動になります。泳ぎが不得意でも、歩いたりするだけでも効果的です。

何より、動けば多少息は切れますが、プールなら汗を掻いてしまってもベタついて不快にならない、というのが良いところです。
特に夏場は暑い中で外に出て運動というのは厳しいので、その点スポーツ施設内やプール内なら便利です。
通わないとお金が勿体ないという思いもあって、順調にダイエットを続けられています。

思いたったらダイエット

| ダイエット |

今私はダイエット中です。しかし、なんの計画もなくとりあえず体重を落とす事をメイン目標としてやっています。なんの計画もない私のダイエット方法は名付けて思いたったらダイエット。
やり方は簡単です。朝起きてちょっとストレッチしてみたり、食事のときは後あとひとくちだけど、食べないでおこうとか、階段があったら登ってみようとか、料理中にちょっと爪先立ちしてみるとか、時にはしっかり運動してみるとか・・・思いたったらすぐなんでもよさそうな事をやってみてるだけです。

これがまた急激な変化はありませんが、効果がでています。過去にも何度もダイエットを決意し、気合いをいれて取り組んできましたが、いずれも失敗していました。りきみすぎてストレスになったのか体重が増えて終わる事も度々。今のこの方法はとても私に向いているようで続いているし、体重も減少中です。

テレビでみたあれやこれ、雑誌にあったあんなことなんかを片っ端から思いたったらやっている感じで何が特に効果がでているのかはわからないのですが、いろいろやることで飽きずに続けられていることがいちばん効果的な感じです。

「可愛い洋服を着たいから」「キレイになりたいから」「健康のために」といったようにダイエットをする人の理由は様々です。
そこで、ダイエットをする時に大切なことを紹介します。
ダイエットをする時に大切なのが、継続するということです。
運動や、食生活など、ダイエットをする時に改善する箇所はたくさんあると思いますが、1ヶ月や2ヶ月で結果が出なかったからといって諦めてはいけません。

また、無理な目標もダイエットは禁物です。
「1ヶ月で10キロ痩せる」といったことや、過度な食事制限は、かえってダイエットには逆効果です。

1ヶ月で1キロ~2キロのペースでゆっくりと、現実性をもってダイエットに取り組むことがダイエット成功への近道です。

産後ダイエット

お肌の乾燥対策に必要なこと

| 未分類 |

冬から春先にかけてはお肌の乾燥対策が必要な時期です。
お肌の乾燥を放置しておくとブツブツができたり、かゆみが起きたりするので気をつけたいですね。

お肌の乾燥対策と言うとボディクリームやボディローションなどの使用がありますが、
その前に入浴時の正しい身体の洗い方も乾燥対策には欠かせないものです。

身体を洗う時に垢すりタオルを使う人が多いと思いますが、
垢すりタオルはザラザラして刺激が強すぎるので、汚れが目立つ耳や首の後ろ、お尻などを洗ったら、
あとは石鹸の泡を手に取って身体に滑らせるようにして洗う方法が良いと思います。
この方法で身体を洗うようになって肌の乾燥が軽くなったので試してみる価値はありますよ。

そしてお風呂から出たらタオルで水分を拭いて、顔は化粧水や乳液を身体はボディクリームなどを塗ります。
身体をタオルで拭くときもゴシゴシでは無く優しくソフトに拭くようにすることが大切です。

最後にハンドクリームを手に塗って、さらに踵もハンドクリームを塗ってケアします。
冬場はかかとのガサガサも気になるのでハンドクリームを塗ることでしっとりさせるというわけです。

使用するボディクリームやハンドクリームは合わせて買っても千円ほどの安いものでOKです。
とにかく肌を優しく洗い、手厚く保護するということで乾燥対策ができるのです。

先日、20年ぶり位で友人と会いました。
彼女は高校時代にはちょっとぽっちゃりめのお姉さん風だったのですが、20年ぶりに会った彼女はまるで別人の様に痩せて、しかもお姉さん風ではなく妹風?に転身していました。

一体20年のうちに何があったのだろうと言うと、実は数年前まで激太りしていたそうなのですがある事を転機にダイエットに励んだそうなのです。
ある事とは、彼氏が出来た事でした。

彼氏は太っていても構わないよ~と言ってくれるタイプの優しい人なんですが、それに甘んじていいのだろうかと彼女は一念発起。
ダイエットをする事になったそうです。

ただ、ダイエットは成功しましたが、肝心の玉のお肌がボロボロになってしまいました。
昔から絹の様なお肌だねとみんなで褒めてたお肌が、すっかりしなびたトマトの様な張りになっています。
どうやら急激にダイエットした所為で、太ってパンパンだった皮膚が痩せて行く身体に追い付かなかった所為だと言っていました。

スッキリ痩せたので、これからは結婚の為に素敵なウエディングドレスが着られるのがうれしいと言っていたので、この再開は友人の結婚報告だったのです。

しかし結婚の日取りが決まった今、この張りの無いお肌を何とかせねばなりません。
今はそれが課題だと、彼女は楽しそうに言っていました。

お手軽おからダイエット

| ダイエット |

私も、気がつけば40代で、すでに立派なおばさんです。

若い頃は、どうしてスラッとしたキレイな年配の人と、いかにもオバチャン体型のデブで化粧っ気のない女を捨ててるみたいな人がいるんだろう?

なんて思ってたんですが・・実際、家庭を持ってみると育児や家事に追われ、本当に自分の容姿を見るヒマもない状態でした。

子供が小学生になり、ほんのちょっと時間に余裕が出来たのですが・・ハッっと気がついた頃には、ストレス太り(?)で20代より10キロも体重が重くなっていました。

でも、運動も大嫌いだし、食べるのを控えるとその後のリバウンドが酷いし、肌の調子まで悪くなる状態でした。

そこで、私はダイエット食品の材料によく用いられてる 乾燥
おからに注目したのです!

それを使って、調理するというのも、実際、時間の制約に追われる主婦には大変だと思うのですが、私が実践した方法は
調理をするのではなく、もっとお手軽な方法です。

例えば、味噌汁に乾燥おからを、大さじ2杯ほど、ふりかけて混ぜたり、ポテトサラダにも自分の分だけ大さじ1杯ほど、サラサラと混ぜて食べることにしました。

すごく、美味しいとは言いませんが(笑)
それほど味を損なうことはないので色々なものに混ぜて平気だと思います。

何より、びっくりするほどお腹がいっぱいになるので、ストレスを感じません。
お通じも良くなるし、肌の調子もよくなりますし
おからは安いので、家計にも優しいです。

私はこれで一ヶ月で、3キロほど痩せましたよ。
手軽なので続くんだと思います。

よかったら、みなさんもお試し下さい。

ダイエットは、苦しい食事制限や運動。
どうしても辛いイメージがありますよね。

特に食事制限なんて、本当に苦しい(汗)
甘いものを食べないように!
お肉は我慢!!
なんて思ってるから、食べ物が夢に出てきちゃったりして(笑)
そうなると、我慢が一気に爆発しちゃって、緊張の糸が途切れた時が恐ろしい。

食べる!食べる!!食べまくる!!!
結果、ダイエット前よりも体重増加(涙)なんて、経験をした方も多いですよね。
私を含め。

で、そんな時に登場したダイエットの救世主が置き換えダイエット。
前置きが長くなってしまって、すいません。
やっと、置き換えダイエットの話題までたどり着くことが出来ました。

置き換えダイエットは、一日三食のうちの一食から二食をダイエット食品と入れ替える方法。
置き換える食品は、今、本当に多いですよね!
・酵素ドリンク
・ゼリー
・クッキー
・低カロリー食品

ネットで購入することも出来るし、近くのドラックストアで購入することも出来る、素晴らしいダイエット食品♪

私が置き換えダイエットでメリットと感じているのが、低カロリーなのに栄養バランスをしっかりと保ちながらダイエットをすることができる点。
しかも満腹感も得られるから、精神的にも追いつめられることなくダイエットを続けることができるんですよね。
無理な食事制限だと、便秘になったり、肌がボロボロになったり。
美しく痩せるというよりは、ガリガリに痩せこけるっていうイメージ。

置き換えダイエットだと、健康的に痩せられるから魅力的な女性へと近づくことができますよね。

そして短期間で集中してダイエットを希望の方も、長いスパンかけて痩せたいと思ってる方もどちらのニーズにも応えているのが置き換えダイエットの特長♪
例えば「夏まで痩せたい」とか「同窓会までに痩せたい」って目標の日が決まっている方は一日二食置き換えて、ダイエットをする方法もあると思いますし、ゆっくりダイエットしたい方、または今の体型を維持したいと思ってる方は週末だけ置き換えダイエットを行う方法も向いてると思いますよ。

運動も取り入れながら、置き換えダイエットと上手に付き合ってムリなく笑顔で理想の体型に近づきたいですよね。

脂肪の種類には
・内臓脂肪
・皮下脂肪
っていう種類があるんですよ。

内蔵脂肪は一見痩せているように見えても、「実は隠れ肥満だった~」っていうことがある、見た目では分かりづらい脂肪。人間ドックなど健診に行ったら、ビックリするような数値が出ちゃった方もいらっしゃいますよね。
でも、ご安心を♪
筋トレや、有酸素運動などで燃焼しやすい脂肪と言われているので、ウォーキングやストレッチを根気強く続けていくうちに、脂肪とサヨナラすることもできますよ。
それとは真逆の皮下脂肪。
見た目で分かりやすいんで「最近、太ってしまった~(汗)」とお腹周りなどを気にしている方などについてしまっている脂肪は、皮下脂肪っていうことになります。
脂肪がついてしまったことが分かりやすいっていうメリットがあるのですが、筋トレや、有酸素運動などではなかなか燃焼できないっていうデメリットを持つのが、この皮下脂肪。

ダイエットを途中で断念してしまう方は、この皮下脂肪との戦いがあったからなんですね。

とはいえ脂肪ですから、諦めずに根気強~~く運動をしていれば、脂肪も燃焼されていって自分が目指す体型に近づくことはできます。
でも、道のりは果てしなく遠い・・・。
そんな方にオススメなのが、サロンなどで行っている
・リンパマッサージ
・揉み出しエステ
という方法。

リンパマッサージは、その名の通り。
リンパの流れを正常にしてあげて、体から老廃物を除去してあげる方法です。
むくみにも効果があるそうですよ!
実は、肥満とむくみは大きく関係しているんですって!
だから運動だけに力を入れていても、ダイエットの効果が実感できなかったりするんですね。
むくみを取るためにマッサージをすると、皮下脂肪を少しづつ柔らかくしてくれるので、燃焼効果がアップするっていうことなんだそうですよ♪

そして、揉みだしエステ。
お腹、太もも、ふくらはぎや、お尻など、運動だけでは難しい部分痩せなんかに効果大!
部分痩せが難しいと言われる部位の脂肪は、エステやサロンを使って上手に燃焼させていく方法もいいかもしれませんね。

春が過ぎたらあっという間に、夏本番。
運動と、サロン・エステを使って、短期間で健康的にダイエットに成功したいですね。

ダイエット!
と一口で言っても、痩せたい部分と残したい部分?とありますよね。
残したい部分っていうのは、そんなにないかもしれないけど(笑)

とにかく、痩せたい部分っていうのは多いと思います。
全体的に痩せてる方なんかが「ダイエットしたい~」っていうのは、部分痩せが大きいんじゃないかな?

たとえば
「二の腕」
「ウエスト」
「太もも」
「フェイス周り」
などなど。

どれも、女性にとって気になる場所だけど、部分痩せって本当に難しいですよね。
ストレッチやヨガなんかで、部分痩せダイエットの背中を押してくれる方法もあるけど、実際長く続かなかったりして。

でもね、どうして脂肪がつきやすいかを考えてあげると「少しストレッチ頑張ろうかな?」とか、「普段の生活で意識して筋肉を刺激してみようかな?」なんてモチベーションが上がるかもしれませんよ。

例えば、二の腕の部分痩せダイエット。
二の腕って、
・上腕二頭筋(体に物を引きよせる時に使う筋肉)
・上腕三頭筋(体から物を押しだす時に使う筋肉)
の2つに分かれるんですって!
知らなかった(汗)

もっと分かりやすく説明すると上腕二頭筋は鞄を持ったり、本棚から本を取ったり何気ない毎日で使っている筋肉。
でも、上腕三頭筋はうつぶせの状態で体を押し出す時なんかに使います。
寝ころんで本を読む時とか、筋トレの腕立てふせとかね。

そう考えると上腕二頭筋は普段から使ってる筋肉ってことただから、この手を振るたびにプルプルと揺れる脂肪は上腕三頭筋だったってことですよね?
ダンベルとかペットボトルに水なんかを入れて、何度も持ち上げたり下げたりするストレッチは厳密に言っちゃうと気になる脂肪がついてた上腕三頭筋には効果が薄かったってこと!?
だって、体に引き寄せる力を使うってことですもんね(汗)

で、プルプル二の腕に効果があるストレッチ方法を発見しましたよ~。
用意するものはイス。
しかも、イスに座ったまま行うストレッチなんですよ♪

1.肘を曲げた状態で、手を机に乗せます。
2.机をグ~~~ッと押してあげるように(下げるように?)力を入れます。
※力を入れる時は、腕の裏側と外側の筋肉を使うように意識してあげる。
この方法だと、体から押し出す筋肉を使うしオフィスでも簡単に出来るのでオススメです♪
自分で体の仕組みを少~勉強して、”オリジナル部分痩せストレッチ”を見つけてみてもいいかもしれませんね!